g.png

放射線部

当院の放射線部をご紹介します。
 

放射線部の取り組み

各装置の管理、CT検査や超音波検査の読影の補助に力をいれています。特に超音波検査は「日本超音波医学会認定超音波検査士」の認定資格の取得に努め、学会発表なども行って日々検査技術の向上を図っています。

学会発表

・2021年 第46回日本超音波検査学会学術集会「高齢者にも体位変換は必要か?膵体尾部描出能の検討」 金久保 雄樹, 石塚 幸蔵, 町田 克巳, 武島 えり, 野口 健一, 廣井 信

 

・2020年 日本超音波検査学会関東甲信越第43回地方会学術集会「体位変換が膵臓の描出に有用であった混合型IPMN2症例の経験」金久保 雄樹, 石塚 幸蔵, 町田 克巳, 武島 えり, 廣井 信

 

​機器のご紹介

一般撮影装置

キャノンメディカルシステムズ:KXO50SS  コンカミノルタ:NEOVISTA I-PACS SX

w.png

胸部、腹部、骨、関節などの撮影をします。
PACS(画像管理システム)の導入により

モニター診断を行っています。

X線CT機器

キャノンメディカルシステムズ:Alexion(16列マルチスライスCT)

q.png

全身の断層写真を撮影し、画像処理により血管や骨の3D画像も撮影が可能です。マルチスライスCTにより検査時間が短く、高画質の画像を得ることができます。

X線TV装置

キャノンメディカルシステムズ:Plessart ZERO

縺・min.png
ji.jpg
ko・min.png

胃の造影検査

大腸の造影検査

消化管造影検査などを行います。100万画素CMOSカメラが搭載され、診断に適したコントラストの高い画像で撮影が可能です。

​血管造影装置

キャノンメディカルシステムズ:infinix celeve-I infx-8000f

g.png
縺・min.png

左腕シャント血管の造影画像

血管にカテーテルを挿入した後に造影剤を注入して、血管の狭窄や血流状態の検査します。

血管を拡張する治療も行っています。

​超音波装置

日立アロカメディカル: Pro Sound α6

uj.png

肝臓の超音波画像(動画)

コンパクトで高画質な据置型超音波装置です。腹部や心臓の検査を行っています。腹部の検査では観察できない部位を失くすために体位変換(体の向きを変えること)をしています。見逃しのない精度の高い検査を心がけています。

学会発表

・2021年 第46回日本超音波検査学会学術集会「高齢者にも体位変換は必要か?膵体尾部描出能の検討」 金久保 雄樹, 石塚 幸蔵, 町田 克巳, 武島 えり, 野口 健一, 廣井 信

 

・2020年 日本超音波検査学会関東甲信越第43回地方会学術集会「体位変換が膵臓の描出に有用であった混合型IPMN2症例の経験」金久保 雄樹, 石塚 幸蔵, 町田 克巳, 武島 えり, 廣井 信

​超音波装置

GEヘルスケア:LOGIQ eV2

y.png

頸動脈のドプラ画像(動画)

浅い部位がよく見える「12MHz高周波プローブ」を備えたポータブル超音波装置です。頸動脈や透析患者様のシャントなどの血管や、病室での検査を行います。

外科用透視装置

シーメンスヘルスケア:Cios Select

e.png
縺・min.jpg

股関節骨折での手術画像

主に整形外科の腰椎や、股関節の手術支援に用いられています。