手術

消化器外科・外科

当院の消化器外科では、消化器系疾患全般にわたり診断,治療を行っています。

食道・胃・大腸などの消化器がんは早期に発見・治療することで、治癒率が高くなることから、早期発見が非常に重要です。

当院では、内視鏡装置による診断から外科手術まで、消化器系疾患の診断・治療を総合的に実施しています。

 

​受診のご案内

診療日

担当医師

院長.jpg

 廣井 信  院長

  学   歴 :

主な経歴:

 

 

 

 

 

 

  専   門 :

  資   格 :

日本医科大学医学部卒業

日本医科大学医学部第一外科入局後、日本医科大学多摩永山病院 消化器科、会津中央病院 外科副部長、国立横須賀病院(現 横須賀市立うわまち病院)医長、日本医科大学第一外科 肝胆膵部門 助教 を経て、当院院長就任。平成24年11月当院理事長就任。

​消化器外科

外科専門医、消化器病専門医、がん治療認定医

 

治療のご紹介

内視鏡検査

当院では、食道・胃・十二指腸などの上部消化管に対する内視鏡検査では、外形5mmの極細径スコープを使用し、スコープを鼻から挿入することによって検査時の苦痛軽減を図り負担の少ない検査を行っております。

また、患者さまのご希望により、鎮静剤の点滴投与を検査中に行います。

pic_1-min.jpg
fig_1-min.gif
pic_2-min.jpg

内視鏡の太さの比較

【内視鏡検査 診療時間】

当院では原則的に「内視鏡検査」を行う前に、事前に診察(検査を含みます)を行います。

診察結果をもとに、安心して検査が受けられるように担当医からご説明させていだきます。

​消化器がんの治療

胃がん,大腸がんなどの消化器系悪性腫瘍の治療は,その進展状況により,適切な治療法を選択し組み合わせることが重要です.当院では早期胃がん,早期大腸がんに対しては内視鏡的治療を行い,進行がんで切除可能なものは外科治療を行います。
切除不能例でも抗がん剤治療を行うと腫瘍が縮小して切除可能となる場合がありますので症例によっては抗がん剤治療を手術前に行うこともあります。

胆石症、総胆管結石症の治療

胆石症・胆嚢炎に対しては腹腔鏡下胆嚢摘出術(Lap-C)を標準術式としています。
また、単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術(SILS-C)も導入しています。
総胆管結石症の治療には、内視鏡的結石除去を第一選択としています.また,胆道系悪性腫瘍による閉塞性黄疸に対しては、内視鏡的胆管ドレナージ,経皮経肝的胆管ドレナージ,胆道ステント留置術などを行っています。

pic_3-min.jpg

SILS-C

pic_4-min.jpg

デバイス

難治性褥瘡の治療

完治しにくい褥瘡に対して、陰圧閉鎖療法(VAC療法)を実施しています。

VAC療法は、創部を専用の資材で覆い、常時機械で陰圧に保つことによって、創傷治癒を促進させる治療法です。

​また、定期的に褥瘡回診を行い、褥瘡の治療を積極的に実施しています。

pic_5-min.jpg